バルーンメソッド-健康人生をあなたに-  バルーンメソッド,荒井皆子,呼吸法,身体,メンタル,瞑想,リラクゼーション,健康,ヨガ,気功,脱力 忍者ブログ
<<バルーンメソッド>> それは、「体感を伴うイメージ」を利用して、私たち現代人から抜け落ちてしまっている 意識・感覚を活性化させていくための、体系化された身体連動メソッドです。「全身自然呼吸」により、私たちの潜在意識の底に眠っている、原初的な感覚を内側から起こし、ダイナミックで生き生きとした生命力を発動させます。日々進化する<バルーンメソッド>についての最新情報の他、色々な角度から健康に役立つ情報を発信します。

ホリスティック健康誌「トリニティ」Web版
ライター荒井皆子の最新記事No.3 がUPされました。

現代人から抜け落ちている基本の基本。これらが、今起きている様々な問題のもとになっていると言う事を、どの位の人が気づいているでしょうか。
誰も教えてくれなかった、そして一人でも多くの方に知ってほしい、からだの基本の基本を公開しています。

バルーンメソッドのDVDでも、トレーニング前の注意事項の一つとして、「鼻呼吸」と「舌」の使い方について触れています。大変重要なポイントなのですが、DVDでは時間の制約もあり、あまり詳しい解説まではできていませんでした。DVDの最初の「共通認識を合わせましょう」の補足としても読んでいただきたいと思います。

脳酸素不足が引き起こす様々な不調や病気を、一発解消。

いびき、睡眠時無呼吸症、不眠症、花粉症、うつ、アルツハイマーや痴呆症 などなどを一銭もかけず、何の道具や薬も使わず、改善と予防が出来る方法を、ぜひ知ってください。

病弱な方、原因不明の病気や不調に悩まされている方は、このあたりから見直してみると良いですよ。

ぜひ読んでくださいね。「トリニティ」の記事ページで、ぜひ
「いいね」していただけると、励みになります。ウインク よろしくお願いします!!


ベルこころと身体はもっと自由になる Vol.3
 ~一瞬で呼吸が深くなる「鼻呼吸」のすすめ~【舌】(その1)
http://www.el-aura.com/araiminako20180520/

ベル荒井皆子記事一覧

私の次回セミナーは、5/27です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ベル星バルーンメソッド・ベイシックⅠセミナー

1st&3バルーンズ呼吸&3バルーンズ身体連動トレ-ニング
   ~身体感覚の次元を上げる~

  ■5月27日(日)   13:30-16:30

ベル詳細お申し込みはこちらから下矢印

http://balloonmethod.konjiki.jp/information.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

四角グリーンパーソナルレッスンを承っております

ダイヤオレンジ【荒井皆子ヴォイストレーニングstudy】
ダイヤオレンジ【BODYメンテナンスstudy】

ベル■「トリニティ」WEB:荒井皆子記事一覧

http://www.el-aura.com/writer/araiminako/?c=159168

「バルーンメソッド」を良くある健康体操の一つと思ってはいけません!!

これからの時代すべての人に必要な要素が詰め込まれてた、

進化した新しいメソッドです。

四角グリーン【バルーンメソッド】
四角グリーン【荒井皆子 Official web site】ホームページ

ベル★<<バルーンメソッドのシステム>>とは?

お母さんのおなかの中で、細胞の数がまだ数えられるくらいの細胞の数だったころの事を思い出すと思ってみて下さい。シンプルな原子生命体だったころの状態です。脳はまだ出来ていませんので、まだ体感のみしかありません。そんな頃の生命の根源的な身体感覚を思い出すためのメソッドが、バルーンメソッドです。私たちの現在の60兆個まで複雑化した細胞を、単純化することで、偏りのない身体の使い方が出来るようにします。生命の進化を追体験し、現代人から抜け落ちてしま菜った根源的な生命力を取戻しましょう。バルーンメソッドは、あなたが本来持っている「そのまんま」の能力、エネルギーを呼び起こしてくれます。

【バルーンメソッド】ホームページ下矢印

http://balloonmethod.konjiki.jp/

ベルセミナー詳細お申し込みはこちらから下矢印

http://balloonmethod.konjiki.jp/information.html

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック